産婦人科・東京都港区渋谷区・パークサイド広尾レディスクリニック




トップページ  >>  病気・症状  >>  病気から探す(婦人科系)  >>  子宮内膜症

病気・症状

子宮内膜症

20~30代女性に増加中!「子宮内膜症」

なんとなく生理が重い、生理痛がひどい、生理時の出血が多い...といった不調を抱えながら、我慢してしまっている女性が少なくありません。これらのよくある症状に当てはまる病気のひとつに「子宮内膜症」があります。

子宮内膜症って?

子宮内膜症は、子宮の内側にある子宮内膜によく似た組織が、子宮の内側以外に発生して増えてしまう病気です。発生する場所は、膀胱や直腸と子宮の間や、卵管、卵巣など。生理の時にはがれ落ちる"本来の"子宮内膜と同じように、生理のたびに流れて出血などを引き起こします。この時の血液などにより、炎症や臓器の癒着(本来離れている部分がくっついてしまうこと)などが起こることがあります。なお、卵巣に子宮内膜症ができると「チョコレートのう胞」と呼ばれます。

ひどい生理痛などに注意!

子宮内膜症になると、ひどい生理痛が起こることが多いようです。生理の時の出血量も増えます。その他、不正出血、下痢、排便の時の痛み、セックス時の痛み(性交痛)などが見られることも。子宮内膜症は不妊の原因にもなります。上記のような症状に心当たりがある時は、早めに医師に相談するのがよいでしょう。