産婦人科・東京都港区渋谷区・パークサイド広尾レディスクリニック




トップページ  >>  病気・症状  >>  病気から探す(婦人科系)  >>  子宮頸がん、子宮体がん

病気・症状

子宮頸がん、子宮体がん

0~30代女性に多い「子宮頸がん」

予防ワクチンも話題の「子宮頸がん」は、発症率のピークが30代。症状が少なく発見が遅れることもある、女性にとって恐ろしいがんのひとつです。「子宮体がん」についても解説します。

子宮のがんには2つの種類!

あまり知られていませんが、子宮のがんには「子宮頸がん」と「子宮体がん」の2種類があります。このうち子宮の入り口付近にできるのが子宮頸がん。30代を中心に若い女性に多いがんです。日本では年間約15,000人がかかっていると言われています。20~30代女性のがんのうち、最も多いのも「子宮頸がん」です。

がんの原因が、セックス!?

子宮頸がんは、HPV(ヒト・パピローマウイルス)というウイルスの感染が原因。セックスで感染します。セックス経験のある女性の80%は生涯に一度は原因となるウイルスに感染するというデータもあるほどです。感染しても体の免疫力が高い時にはウイルスを排除することができますが、ウイルスが残り続けるとそこから子宮頸がんに進行することがあります。なおコンドームを利用しても、感染を100%防ぐことは難しいでしょう。

気になる症状は?

子宮頸がんが恐ろしいのは、症状が少ないこと。HPV(ヒト・パピローマウイルス)に感染しただけではまったく自覚症状がなく、自分で気がつくことはほぼ不可能です。おりものの状態(茶褐色~赤っぽい悪臭のあるおりもの)などで症状を自覚するころにはかなり進行している可能性もあります。また、発見が遅れると子宮摘出などが必要な場合もあります。

予防は検診とワクチン

「子宮頸がん」の予防法には、検診とワクチンがあります。日本の女性の「子宮頸がん」検診受診率はわずか20%ちょっと。早期に発見すれば子宮を残して治療することもできます。年に1度の検診で早めに発見することが大切です。検診は綿棒などで子宮頸の細胞を採取し内診を行うのみで痛みはほとんどありません。当院の場合、予約での検診で、時間も数十分で完了します。

またワクチンの接種によって「子宮頸がん」の原因となるウイルスの感染を防ぐことが期待できます。

>>「子宮体がん」「子宮頸がん」検診・ワクチンについてはこちら

「子宮体がん」とは?

一方「子宮体がん」は、閉経期の50~60代が発症のピーク。原因はホルモンバランスの変化や子宮内膜症などが考えられています。40歳を超えたら年に1度の検診を受けましょう。