産婦人科・東京都港区渋谷区・パークサイド広尾レディスクリニック




トップページ  >>  病気・症状  >>  ピルと避妊  >>  ピルとは

病気・症状

ピルとは

低用量ピルは、一般的に避妊のための使い方が知られていますが、じつは重い生理痛PMS(月経前症候群)の緩和など、体調管理にもチカラを発揮します。女性が知っておきたい低用量ピルについての解説します。

ピルってなに?

低用量ピル(ピル)は、経口避妊薬とも呼ばれ、一般に「避妊の方法」のひとつとして知られています。ピルを飲むと女性ホルモンの分泌が抑制されるため、女性の体は排卵を抑制したり、子宮内膜を変化させるといったことが起こります。この働きによって、望まない妊娠を避けられるということです。

しかし最近は、避妊のためだけではなく、生理が重い月経困難症PMS(月経前症候群)の緩和にピルを取り入れて病気の治療や体調管理を行う女性も増えています。