産婦人科・東京都港区渋谷区・パークサイド広尾レディスクリニック




トップページ  >>  病気・症状  >>  症状から探す  >>  おりものが気になる

病気・症状

おりものが気になる

おりものが気になる

おりものは女性の健康のバロメータとも言われています。いつもと違った様子や臭いがあると気になるもの。おりものの状態からいくつかの原因が考えられます。あなたのおりものの状態は?

黄色~黄緑色のおりものは?

黄色っぽいおりものが増えたり、おりものに血が混ざっている場合は「子宮内膜症」や「卵管炎」の可能性があります。おりもののほか下腹部の痛み不正出血はありませんか?子宮内膜症や卵管炎は放っておくと不妊の原因にもなりかねません。早めに医師に相談しましょう。

また、黄色いおりもので悪臭のあるものは、「細菌性膣炎」や「淋病」の疑いが。「細菌性膣炎」は妊娠時の早産などの原因になります。やはり早めに治療するのがよいでしょう。また「淋病」はパートナーにも感染している可能性大。できればパートナーと一緒に、早く治すのがベストです。

 

 

褐色~赤色のおりものは?

妊娠初期には茶色っぽいおりものが出ることがあります。心配な方は、まず市販の妊娠検査薬で調べてみましょう。妊娠の可能性がある方は、こちらのページをご覧ください。妊婦健診や妊娠時にありがちな症状についてご紹介しています。

悪臭のある茶褐色や赤っぽいおりものには要注意。「子宮体がん」や「子宮頸がん」が進行すると、こうしたおりものが出る可能性があります。気になる時は早めに受診しましょう。「子宮体がん」や「子宮頸がん」は20~40代女性は年に1度、定期的な検診を行うことをお勧めしています。「子宮頸がん」の発症率は30代がピークと言われており、若い女性が注意したい病気の一つです。なお、「子宮頸がん」予防のためのワクチン(サーバリックス)もあります。詳しくはご相談ください。

>>「子宮体がん」「子宮頸がん」検診・ワクチンについてはこちら

 

悪臭のあるおりものは?

悪臭のあるおりもののうち、よくあるのはネバネバとしていて悪臭の強いおりものが出る「クラミジア感染症」、ヨーグルトのようなおりもので悪臭がある場合は「カンジダ膣炎」がそれぞれ考えられます。どちらも性器の痛みやかゆみが伴うことがあります。放っておくと不妊の原因にもなりかねません。セックスでも感染するので、パートナーと一緒に治療するのがベストです。なお、「カンジダ膣炎」はセックスの有無にかかわらず、体力や免疫力が下がったときのほか、ストレスが強い時や妊娠中などにも発症することもあります。

悪臭があり茶褐色や赤っぽいおりものがある場合は、先にもご紹介した「子宮体がん」や「子宮頸がん」の可能性も。気になる時は早めに医師に相談しましょう。「細菌性膣炎」「淋病」の場合も悪臭のあるおりものが増えます。あわ状で悪臭が強いおりものがあり、性器にかゆみのある場合などは「トリコモナス膣炎」に感染している可能性もあります。「トリコモナス膣炎」も性感染症のひとつですので、パートナーとふたりでの治療がベストです。