産婦人科・東京都港区渋谷区・パークサイド広尾レディスクリニック




トップページ  >>  病気・症状  >>  症状から探す  >>  生理前後にイライラ

病気・症状

生理前後にイライラ

生理の時にイライラする(月経前症候群/PMS)

生理前になるとイライラしたり怒りっぽくなったり、そうかと思えば突然泣きたくなったりやる気がまったく出なかったり...。また、熱っぽくなったりむくみがひどくなる人も。「生理前うつ」などともいわれるこの症状はいったい何が原因なのでしょう?

PMS(月経前症候群)とは?

「PMS(月経前症候群)」とは、生理の前後で気持ちが揺れたり、下痢やむくみなどの体への症状が出る症候群のこと。生理の始まる少し前から始まって生理の開始とともに緩和されることが多いようです。精神的には、イライラやさみしさ、落ち込み、やる気の低下などが起こりやすくなり、体には頭痛、腰痛、熱っぽさ、下痢や便秘、甘いものが食べたくなる、ニキビや肌荒れなどの症状が現れます。 PMSの原因は排卵後の女性ホルモンの異常分泌といわれていますが、はっきりとしたことは分かっていません。

病気ではないのだからと我慢する女性も多いですが、不快な症状の緩和のための治療法もあります。医師に相談してみましょう。

適切な治療で元気になれます!

生理前の時期は集中力が低下するなど、日常や仕事に影響が出ることがあります。あまり無理しすぎずに、いつもよりややスローペースのスケジュールを立てておくとよいでしょう。また、カフェインや甘いものはPMSの悪化原因という説もあります。スイーツやコーヒーは控えめに。

また、つらい時には低用量ピルなどの薬による治療もできます。専門医によるカウンセリングを受けることで気持ちが楽になることもあるでしょう。

>>低用量ピルについて詳しくはこちらへどうぞ