産婦人科・東京都港区渋谷区・パークサイド広尾レディスクリニック




トップページ  >>  病気・症状  >>  症状から探す  >>  生理不順

病気・症状

生理不順

生理がいつ来るかわからない!(生理不順)

よく生理周期は28日程度などと言われていますが、人によって間隔が長かったり短かったりすることがあります。生理が不安定な場合、排卵も安定していない可能性があり、不妊やほかの病気が潜んでいる可能性もあります。

生理周期は何日なら安心?

生理周期の目安はおよそ25~38日で、出血がある期間が3日~1週間程度。よく間違えて数えている方も多いですが、生理周期の正しい数え方は「生理が始まった日」~「次の生理が来るまで」の日数になります。この期間が25~38日であればおおむね安心ということです。また、毎回28日ごとにぴったりやってこなければ不順かというと、そういうことではありません。先月が28日、今月は30日と多少前後していても問題はありません。自分の生理について不安や悩みがある方は、お気軽にご相談ください。

生理不順はどうして起こる?

生理の周期が長い・短い、生理の出血量が多すぎる・少なすぎる、出血している日数が長い・短い・だらだら続く...など、生理が順調でないことを「生理不順」といいます。生理不順は、ストレスや生活習慣の乱れからくるホルモンバランスの崩れなどで起こることもあれば、子宮に関する病気が潜んでいるケースもあります。また、ダイエットで栄養が不足したり低体重が起こって、生理不順を起こしていることも。さらに、生理不順の女性の場合、排卵自体が順調でないことも考えられ、これが不妊の原因となることがあります。日頃から自分の生理について知り、乱れたが気になる時には早めに医師に相談しましょう。改善には、ホルモンバランスを正常に整えるなど適切な治療がベストです。

子宮の病気が隠れている場合も!

「子宮内膜症」「子宮筋腫」がある場合も、生理不順が起こることがあります。その他、甲状腺の異常などで起こるケースもあります。病気が隠れていても自分では判断が難しいもの。気になる時は医師に相談するとよいでしょう。