産婦人科・東京都港区渋谷区・パークサイド広尾レディスクリニック




トップページ  >>  病気・症状  >>  症状から探す  >>  やる気が出ない、だるい

病気・症状

やる気が出ない、だるい

心からの危険信号!「やる気が出ない」「だるい」

仕事や生活の中でのストレスは、強すぎるとさまざまな形で体に現れてきます。「最近なんだかやる気が出ない」「何事もおっくう」「なんとなくだるい」...こんな時は、ストレスに耐えきれなくなった心が危険信号を発している証拠。深刻な状態になる前に、医師に相談しましょう。

おかしいな?と思った時が、相談のタイミング

ストレスは目に見えないものだけに、案外、ストレスによる心の疲労は自分でも気がつきにくいものです。2~3日で解消する疲れならば、単なる体の疲れですむかもしれませんが、「だるさ」や「疲れ」が何日も続いたり、何事にも意欲がわかないといった時には、心からの危険信号かもしれません。

ストレスが長く加わったり強く与えられれると、体のだるさややる気に影響が出ることがあります。これに加えて不眠や食欲不振があれば、うつ症状やうつ病の前兆の可能性も。自分では「このくらいは大丈夫」と思っていても、放っておくと病気にまで発展してしまうケースも少なくありません。とくにうつなどは早期発見と早期治療が大切です。「おかしいな」と自分で感じた時こそ、医師への相談のタイミングです。